季節の花

クロモジの花(4月)

柑橘類のいい香りがします

高級和菓子の楊枝になります

アオキの実(4月)

葉っぱがいつも青いのでアオキ(昔は緑を青とよんでいました:信号機は?)

 

タチツボスミレ(4月)

最もよく見かけるスミレです

カタクリ(4月)

園内に群生地があります

昔は片栗粉の原料にしました

種を蟻に運ばせ種を広げます

ショウジョウバカマ(4月)

春を告げる花です

ウラシマソウ(5月)

浦島太郎が釣り糸を垂れている姿。(花の先から釣り糸が出ています)

糸を伝って、昆虫が花の中へ入り、花粉を別の花に運ぶという説あり

ウワミズザクラ(5月)

え?サクラ!

ブラシのようなユニークな形状、桜の花の形をした小さな花が集合して穂になっている

ヤマエンゴサク(5月)

かつては婦人病や鎮痛薬などに用いられた

ヤブミョウガ(5月)?

 葉がミョウガに似て、やぶがあるような場所に生えるのが名前の由来。

ギンラン(5月)

 白い花がギンラン

 黄色い花がキンランと名付けられた

 いずれも貴重種で、園内で盗掘が絶えない

ネジバナ(7月)

小さな花の身近な野生ラン

花が螺旋状にねじれている

ヤマアジサイ(7月)

ヤブカンゾウ(7月)

 中国から、観賞用や食用として渡来したと考えられている。

 若葉やつぼみは山菜として食べられる。

ヤマユリ(7月)

芳香が強いユリの女王

 

国蝶 オオムラサキ

エノキの葉を餌にして育つ蝶です